2007年10月20日

京都・宇治市へ。ウーファンのコンサートへ

みなさ〜ん。
行ってきました。
京都・宇治市、国宝・世界遺産の宇治上神社。
ウーファンのコンサート。

京都駅でJRを乗り継ぎ、宇治へ。
10/19午後7時過ぎに、宇治駅に降りつくとあいにくの雨。
駅前にはタクシー待ちの列が・・・。
ところが、1台もタクシーがありません。

で、歩きました。
宇治川を渡ったところを右へ。
光の道。
灯篭がやさしく照らす小路を進むと、うっそうとした木々の間から上空に光の帯が立ち上がっています。
ここなんだ、宇治上神社。

間に合いました。
開演の15分前です。

門前の受付テントが見えてきたので、入場券を探してポケットを探ろうとしたその瞬間!
ほんの1メートル先にウーファンが・・・。
たぶん、控え室として使っている神社の社務所から出てきたところだったのでしょうね。

すかさず、
「こんばんは、ウーファン。楽しみにしてきましたよ」
と声をかけちゃいました。

今日のウーファンは赤のチャイナドレス。
赤の髪飾りです。
神社拝殿中央にウーファン。
観客はすべて立ち見で傘の波。

1曲目は「ジャスミン・フラワー」。
この曲はウーファンのオフィシャルwebを開くと流れてくる曲で、今回はウーファンの歌声も聴くことができました。
●ウーファン/伍芳 official web site

3曲目の「筝心」では、ギターのアルペジオにウーファンの奏でる古筝の響きが追いかけるパートがあり、
「このアルペジオ、オレ、得意なんだよなぁ・・・」なんて思いながら聞いていました。

ウーファンの語りによると、古筝という楽器は2000年ぐらい前から中国にあって、遣隋使により日本に伝えられたとのこと。
まさに「琴」の原型ですね。
古筝って実はすごい楽器です。
見た目、日本の琴とそっくりなのに、音は丸い。やわらかい。やさしい感じがします。
琴は、いわゆる邦楽の音階しか出ませんが、ウーファンは曲に応じて、邦楽だろうが、洋楽だろうが、もちろん中国の曲であっても、その場でチューニングしていきます。

プロのギタリストでも、変則チューニングをする人がたまにいますが、さすがウーファン。
曲に合わせた自在のチューニング。
「絶対音感」のなせるワザですね。

それから、単一の高さの音や複数の高さの音を連続して小刻みに演奏するトレモロ奏法。
これは特にウーファンが得意とする奏法ですよね。
すごいです。
あと、トレモロ同様、ギターの奏法にあるハンマリングオン、プリングオフ、ボトルネックなどなど、弦楽器ワザのオンパレード。
自分がギターを弾いているときをイメージしながら聴きいってしまいました。



観客は200人ぐらいだったでしょうか。
ライトアップされた宇治上神社の荘厳な拝殿。
杜から、はるか宇宙へと立ち上がる光たち。
錦秋の京都というには早い時期でしたが、かすかに色づきはじめたもみじを優しい雨が濡らし、そこここの灯篭の灯りに反射してきらきら輝きだします。

ウーファン、スタッフのみなさん、どうもありがとう。
「東国原式」の呼びかけに、宮崎からも何人か来てくれたのでしょうか。
みなさん。
ごくろうさまでした。
灯篭の小路を帰途に着く頃、雨があがりました。
源氏物語ゆかりの宇治川畔に、「小さな秋」を見つけたような気がします。

<参考記事>
●ウーファンが雑誌「中国語ジャーナル」の表紙に/2007年10月09日
●中国語ジャーナル11月号は、ウーファンさんの表紙です!/2007年10月08日/ブログ「★メイブリッジの休憩室★メイブリッジはウーファンさんを応援しています!」
●ウーファンもお気に入りのシノワズリ・ショップ「メイブリッジ」


posted by 東国原式 at 20:08| 東国原式ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

明日10/19は京都でウーファン

明日10/19は、京都府宇治市の国宝・世界遺産の宇治上神社をライトアップして行われるウーファンのコンサートに行ってきます。
●ウーファン/伍芳 official web site
●ウーファンが雑誌「中国語ジャーナル」の表紙に/2007年10月09日

大阪で一仕事してからですから、ギリギリかも。
楽しみです。

さて、東国原知事の「三大誘致」プロジェクトが着々と進んでいるようですね。
すなわち、『企業誘致』『移住誘致』『配偶者誘致』。

まずは『配偶者誘致』。
東国原知事が自ら提案「宮崎県嫁とり大作戦」。
この提案は、随所にビートたけし式が・・・。

東国原英夫知事 “宮崎に嫁ごうキャンペーン”を提案

アメーバニュース
東国原英夫知事(50)が16日、県職員が自由に事業立案する『かえるのたまご』審査委員会に特別参加し、自ら“宮崎に嫁ごうキャンペーン”を提案したことを自身のブログで明らかにした。 1960年代はハネムーンの地として人気だった宮崎だが、東国原知事は2008年からは嫁ぎ先 ...


次に『移住誘致』。
東国原知事が東京で「移住のすすめ」。
立ち見がでるほどの人気。

宮崎への移住いかが?・知事が東京でセミナー

日本経済新聞
子育ての場や定年後の住まいとして宮崎に関心を持つ首都圏の人たちに、温暖で物価が安いなどのメリットを東国原英夫知事自らが説明した。 千代田区内のホテルでのセミナーには約350席が設けられたが、知事の人気もあり、開会直後の午後3時過ぎには立ち見も出るほどの盛況 ...


さてさて、なんと宮崎県議会恒例の海外視察が中止になっちゃいました。
でもきっと、「学び」を目的に、たとえ個人でも視察に向う議員さんがたくさんいるのでしょうね。
<参考記事>
●宮崎日日新聞社さん、恐れ入りました/2007年10月13日

宮崎県議会が恒例の海外視察中止

日刊スポーツ
同事務局や県秘書広報課には、視察中止を求める電話や電子メールが約50件寄せられ、東国原英夫知事も15日の記者会見で「政治家が民意とか雰囲気をかぎ取る力の問題だと思う」と述べ、計画見直しに期待を示していた。 県議会の坂口博美議長は中止決定の理由 ...

産業開発青年隊廃止を 133事業、知事に中間提言 事業仕分け委

西日本新聞
県が実施している事業継続の是非や事業の適切な運営主体を県民の目線で考える県事業仕分け委員会が16日、「産業開発青年隊廃止」など第1期分133事業の仕分けをまとめ、東国原英夫知事に中間提言した。東国原知事は青年隊について「10月中に(今後の)方向性を示す」と述べ ...


「妥当判決」「驚き」 官製談合汚職石川被告実刑 県民、職員ら反応複雑 知事「信頼回復にまい進」

西日本新聞
東国原英夫知事は退庁時に「(実刑判決に)驚いている。司法の判断として、客観的に事実は事実として冷静に受け止めている。それよりも失われた県政の信頼を1日も早く回復するために、県政運営に今後ともまい進する」と述べた。 知事は就任後、真っ先に入札制度改革に ...


posted by 東国原式 at 23:39| 東国原式ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

「松阪牛、神戸牛、かかってきなさい」

畜産県宮崎の面目躍如。
宮崎牛、日本一!
昨日に引き続き、今日のニュースもこの話題から。

“和牛五輪”9部門中7部門で宮崎県代表が首席

読売新聞
この快挙に東国原知事も、「松阪牛、神戸牛、かかってきなさい」と売り込みにますます熱が入っている。 同共進会は5年に1度開かれ、全国の代表牛が、年齢や性別などで分けられた9部門で品質を競う。鳥取県で開催された今回は、38道府県が494頭を出品。 ...



そういえば、3日前の日曜日。
東国原知事がかつての師匠ビートたけしのクイズ番組で、盛んに宮崎牛を売り込んでいましたね。
東国原知事似顔絵シール付き「うなぎ」の産地偽装問題や、県議会での「テレビ出過ぎ」、「知事の品格」批判が尾を引いているのか、いささか元気がないように見えました。
お疲れが出ませんように。
●東国原知事の品格・宮崎の品格/2007年08月27日

県政で暗躍の資金役断罪…宮崎官製談合、初の判決

読売新聞
政治不信を招き東国原県政誕生のきっかけをつくった事件の初めての判決だったが、“主役”の安藤被告は、傍聴席には姿を見せず、自宅前で「別に」と言葉を濁した。 地裁204号法廷。実刑が言い渡されると、石川被告は弁護人にちらりと視線を送り被告席に着席。 ...

県当初予算緊縮見込み 08年度編成方針 重点施策の要求強化

西日本新聞
東国原英夫知事は「メリハリの利いた予算編成で、喫緊の課題に取り組んでいく」と述べた。 県財政課によると、重点施策は(1)県内の約2000ヘクタールの植栽未済地を3年間でゼロにするなどの「中山間地域・植栽未済地対策」(2)小児科医確保などの「子育て・医療 ...

デモ・シカ俳句(11)第6回九州地区現代俳句大会

JanJan
観光客誘致といえば、財政再建、企業誘致とともに、東国原英夫宮崎県知事の重要政策の一つ。現在の年450万人を毎年10%増やし、4年間で120万人増と意欲的なマニフエストである。 そこで注目されるのが、2011年春、全線開業予定の九州新幹線(博多−鹿児島 ...


posted by 東国原式 at 23:22| 東国原式ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プレー曜日
プレー料金
円〜
エリア
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。