2007年06月30日

【動画】ふるさと納税論議が国民に与えたものとは

松沢・神奈川県知事と東国原・宮崎県知事。
ふるさと納税の賛否を分けた両者の主張。
このテレビニュースを見た国民は、どう感じたのでしょうか。


「地方自治体間の格差是正は、本来、地方交付税で調整すべき。地方間に格差があるから地方同志の税で調整せよとはいかがなものか」
という松沢・神奈川県知事の主張に対して、地方圏に住む国民は、素直にその主張の正しさを理解しましたね。

「"ふるさと"という心をふるわす言葉と"納税"という国民の義務を組み合わせたマッチングに興味を持っている。都会に出た者が、ふるさとを思う心、地方への思いが地方間の格差の是正につながるのなら、総論としてふるさと納税の構想に賛成だ」
という東国原・宮崎県知事の主張に対して、大都市圏に住む国民は、素直にその主張の暖かさに胸を熱くしましたね。

そして、松沢・神奈川県知事、東国原・宮崎県知事双方が、実は互いの主張を認め合っているのではないでしょうか。
国会の混乱に比して、この両者の主張のすがすがしさ。

国民のみなさん。
正解はいくつもありそうですね。

地方圏と大都市圏の対決ではなく、地方の知恵の出し合いが国政のゴタゴタを凌駕し、真の「美しい日本」をつくっていくような気がします。
by 東国原式。管理人



posted by 東国原式 at 13:16| これぞ東国原式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プレー曜日
プレー料金
円〜
エリア
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。