2007年06月14日

裏金問題「残念。忸怩(じくじ)たる思いだ」

忸怩たる思い:自分のおこないについて、心のうちで恥じ入るさま。

「裏金づくりが常態化、日常化していく中で、罪の意識が薄れていたようだ。残念。忸怩(じくじ)たる思いだ。職員の意識改革を進め、県政を立て直したい」
県の出先機関では「1月時点では、裏金という認識がなかった」と弁明。

宮崎県 裏金 新知事後も5部署 就任時の呼び掛け無視
6月14日10時7分配信 西日本新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070614-00000024-nnp-l45



東国原知事の問い掛けも無駄に…就任あいさつ後も裏金捻出
サンケイスポーツ
裏金づくりが発覚した宮崎県の47出先機関のうち5機関は、1月に東国原英夫知事(49)が就任あいさつで「裏金はございませんか」と問い掛けた後も捻出(ねんしゅつ)を続けていたことが13日、分かった。県議会で東国原知事が答弁して明らかにした。 ...(続きを読む)



手探りのスタート 県議会の一問一答
宮崎日日新聞
東国原県政の肉付け予算などを審議する6月定例県議会。13日から始まった一般質問で初めての「一問一答」も導入され、本格論戦の火ぶたが切られた。2月議会に引き続き質問内容の事前擦り合わせは極力自粛したが、執行部側が「通告を受けていない」と答弁に詰まり議事が ...(続きを読む)



知事就任後も裏金5件 「罪の意識が希薄」
宮崎日日新聞
東国原知事が1月の知事就任直後に裏金づくりがないか職員に報告を求めた後も、県の5つの出先機関で裏金の捻出(ねんしゅつ)が続いていたことが13日、分かった。 県の47の出先機関で裏金が発覚した問題について、この日始まった6月定例県議会の一般質問で、知事が ...(続きを読む)



「一問一答」導入の県議会一般質問、初日から空転
読売新聞
東国原知事は「丁々発止の議論ができた」と満足した様子だったが、一問一答方式の定着には時間がかかりそうだ。 この日、最初に質問した鳥飼謙二議員(社民)は、一問一答方式で、年度中に退職した現業職員(一般職ではなく、農業試験場の研究補助など特定業務に携わる ...(続きを読む)



独自のAI基金を造成 宮崎県の19年度補正予算
鶏鳴新聞
また、鳥インフルエンザの発生で、東国原英夫知事が鶏卵や鶏肉を食べても安全であることを訴え、消費宣伝に努めて脚光を浴びた『みやざき地頭鶏』の原種鶏舎の整備や普及販売活動を強化する「みやざき地頭鶏ブランド対策事業」は、6月補正で114万円が追加 ...(続きを読む)



人育て大事に チャレンジ必要/稲嶺前知事がエール
沖縄タイムス
最近はマンゴーの売り込みなど、東国原(国夫)宮崎県知事にやられている」と笑わせ「ゴルファーの宮里藍さんや女優の仲間由紀恵さんら県出身の有名人がたくさんいる。この人たちと仲井真(弘多)知事でコンビを組んでもらうのがいいのでは」と提案した。 ...(続きを読む)



posted by 東国原式 at 23:25| 東国原式ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プレー曜日
プレー料金
円〜
エリア
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。