2007年05月12日

是だったか非だったかは県民が答えを出すこと

「点数は付けないが、自分なりに充実していた。是だったか非だったかは県民が答えを出すこと」
「宮崎は新しく変わらなきゃいけない黎明(れいめい)期にある。その意味で県政クラブも聖域ではないと思う」
「東京のメディアに出ることは全国への発信になる」



政治家土産 東知事バカ売れ 慎ちゃん不振(毎日新聞)-12日(土)17時39分 - 社会
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070512-00000015-maip-soci



東国原知事が完熟マンゴー収穫体験東京でトップセールス/JA宮崎中央【九州・沖縄】
日本農業新聞
【宮崎中央】宮崎県の東国原英夫知事は7日、完熟マンゴーの収穫を体験した。マンゴー産地の状況を把握し、10日に予定されている東京でのトップセールスを、より効果的に展開するのが狙い。東国原知事は「県特産の完熟マンゴーは生産者が手間暇かけた愛情いっぱいの作物 ...(続きを読む)



聖域なくし見直しを 記者クラブ、会見で東国原知事
宮崎日日新聞
県政全般で意識改革の旗印を掲げる東国原英夫知事が、県政の取材活動を行う県政記者クラブと、同クラブ主催の定例知事会見の在り方について、見直しを含めた問題提起をしている。11日の定例会見で「県は生まれ変わらなければならない黎明(れいめい)期にあり、県政記者 ...(続きを読む)



【コラム・断】僕は観光マキャベリスト 東国原知事
産経新聞
ゴールデンウイークには1日1000人以上という日もあった。他に、森林植栽ツアーやスピリチュアルツアー。特に、宮崎は神話と伝説の国、天孫降臨の日本発祥の地である。今後は、この辺に観光再生のヒントがあると考える。(宮崎県知事・東国原英夫)(続きを読む)



「記者クラブも聖域ではない」 宮崎・東国原知事 運営効率化を要請
西日本新聞
「定例記者会見は必要か」と発言した宮崎県の東国原英夫知事が11日、発言後初の定例記者会見に臨んだ。同知事は「記者クラブや定例会見の在り方を全国的に考えてほしいという問題提起だった」との真意を明らかにしたうえで、県政記者クラブに対し「県民の情報源として ...(続きを読む)



「旧橘ホテルに温泉」羽柴秀吉氏が構想知事会見
宮崎日日新聞
東国原英夫知事は11日の定例会見で、宮崎市青島の景観上問題となっている旧青島橘ホテルについて、青森県出身で旅館や建設業などを経営する羽柴グループ代表の羽柴秀吉(本名・三上誠三)氏(57)が温泉施設として再開発する構想を持つことを明らかにした。 ...(続きを読む)



「お年寄りに優しい運転」を緊急課題に 県警で取締隊出発式
西日本新聞
「春の全国交通安全運動」が全国一斉に始まった11日、県警でも「交通指導取締隊」の出発式が行われ、吉田尚正県警本部長が東国原英夫知事らとともに、取り締まりに当たる白バイやパトカーの点検を行った。 今年は、飲酒運転根絶と自転車の安全な利用の推進、高齢者の ...(続きを読む)



宮崎県で1000人大会/関税撤廃阻止決議【九州・沖縄】
日本農業新聞
関税が撤廃されれば、基幹品目の畜産ばかりでなく地域経済が深刻な打撃を受けるだけに、経済団体、消費者団体など13団体も共催し、県民挙げて農業、地域経済を守ることを決議した。 主催者の東国原英夫知事は「日本を代表する食料供給基地である宮崎県の農業を守り抜く ...(続きを読む)



posted by 東国原式 at 21:42| 東国原式ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プレー曜日
プレー料金
円〜
エリア
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。